DJ SHUFFLEMASTER

(四季協会)

DJ SHUFFLEMASTERこと金森達也は、1990年代中頃からベルリンの名門レーベル〈Tresor〉を筆頭に自身の〈HOUSEDUST〉、BEN SIMSの〈THEORY〉、〈SUBVOICE〉等からのリリースや、ADAM BEYERの〈CODE RED〉、THOMAS SCHUMACHER、DJ RUSH、DJ DEEON等へのリミックス・ワークをこなし先鋭的なミニマル・テクノ作品をリリースしてきた。
ゼロ年代前半までの約10年間をワールドワイドに疾走したが突如活動停止。
2012年、10年以上に渡る沈黙の歳月を経てKANAMORI 名義によるアルバム「DISMANTLED DESIRE」を新たに立ち上げた〈四季協会〉レーベルより突如リリースしシーンへ復活を果たす。
以降も〈四季協会〉レーベルからの作品リリースの他、シカゴ・ゲットーハウスのレジェンド DJ FUNK、90年代からの盟友でもあるCHESTER BEATTYとのプロジェクト等でTIGAの〈TURBO〉、ELLEN ALLIENの〈BPITCH CONTROL〉からリリースを重ねている。
2017年はPACO OSUNAの〈MINDSHAKE〉レーベルからGARY BECK リミックスを収録した2002年度作品「Re:Weekender」が再リリースされた。2018年以降シカゴのレジェンドDJ SKULLへのリミックス提供の他、国内外のレーベル、アーティストへのリミックス提供等が続いている。
2022年夏、17年ぶりにTresor BerlinでのDJプレイ、続くコロンビア、メデジンでのフェスティバルでメインアクト5時間セットを敢行した。
2023年1月、〈Tresor〉から2001年にリリースされた自身のファーストアルバム「EXP」が収録曲を変更し、アートワークもデザイナーSk8thingの手により一新されて再発売される。

Facebook : www.facebook.com/shikikyokai
Instagram :  www.instagram.com/djshufflemaster
四季協会 HP :  https://shikikyokai.bandcamp.com